バンクイック利用中にわからないことがあったらQ&Aとお問い合わせ

よくある質問のコーナーは活用できます。
バンクイックの増額を申し込む前、審査中、利用中、それぞれに心配事や不明点が出てくることがあるでしょう。
特に申し込み前にはバンクイックがどのような使い方ができるのか気になるところです。
よくある質問を確認しながらそれでもわかならいことがあったときにはお問い合わせをしてみましょう。
よくある質問のページを見てみるとさまざまなQ&Aがあります。

消費者金融では借り入れの条件には本人に安定した収入があることが条件となっていますが、銀行となるバンクイックではどうでしょうか。
専業主婦の借り入れはできるでしょうか。
答えは「できる」です。
専業主婦の場合には配偶者に安定した収入があるのであれば利用限度額30万円以内とはなりますが借り入れが可能となります。

申し込み時にある在籍確認、自宅や勤務先への電話があるのかどうか。
これは「可能性がある」にとどまります。
とはいえ申し込み内容の相違があってはなりませんので自宅への電話連絡は確実にあるとは言えませんが勤務先への在籍確認はあると思っておいた方がよいでしょう。

資金に余裕があり追加で返済をしたいときにはどのようにすればいいでしょうか。
「ATMからの追加返済」ができます。
最少返済額以上、借入残高と利息と遅延損害金の合計を超えない範囲ではいくら返済しても構いません。

このようによくある質問を見てみるとさまざまなことがわかってきます。
確認しながら利用していきましょう。

銀行で借り入れできなければ消費者金融へ行く?

銀行で借り入れできなければ消費者金融に行く、というのがこれまでの借り入れをしたい人のパターンだったのではないでしょうか。銀行は、目的にあわせたローン商品が低金利で展開されていることが多いのが特徴です。低金利というのは、借りる側にしてみれば大変うれしいことなのですが、銀行での借り入れにおいて立ちはだかる問題は審査の厳しさでしょう。銀行でお金を借りる条件を見てみるとよくわかります。

銀行側も貸付をして返済してもらわなければ、成り立っていきません。ですから、確実にこの人は返済するであろうということを徹底的に審査するのです。その分やはり、審査に時間はかかってしまいます。銀行での借入を申し込んでずっと待っていたのにも関わらず、借り入れできなかったという人は数多くいるはずです。

しかし、これではすぐにお金を用意しなければならないときには、全く間に合いません。そしてたいていの場合、お金はすぐに必要ということのほうが多いのではないでしょうか。急いでいないのなら、何もわざわざ利息を払って借り入れすることは意味がないわけです。

急いでいるときには、貸付までのスピードが断然早い消費者金融をまず利用した方がよいかもしれません。消費者金融は、申し込みをしてから審査まで短ければ30分程度で終了してしまいます。申し込みをする時間にもよりますが、その日のうちにお金を用意しなければならないというときには、すぐに審査結果が分からない銀行よりも、まずは消費者金融で借り入れできないかどうかを検討してみたほうがよいでしょう。